TOKU’S BLOG

外資系ビジネスパーソンのよもやま話し

リスクマネジメントを災害の歴史から学ぶ 震災10年

f:id:Biz_Toku:20210228154530j:plain

東日本大震災からもうすぐ10年です。

今回は、この節目の年にこそ、読んでいただきたい本のご紹介です。

著者は、映画化された武士の家計簿も書かれた磯田道史氏です。

 

 

災害大国の悲劇

f:id:Biz_Toku:20210312063220j:plain

この本から得て欲しいもの、それはタイトルにもある「先人に学ぶ防災」です。

秀吉や家康と地震との関係など、歴史を災害の観点から読み解いたパートもあり、それ自体も興味深く面白いのですが、この本の真髄は、過去を知り、防災にいかに繋げるかという点です。

伝承や記録、地名、年長者の知恵、古文書などに残された、災害により辛い思いをした先人達の、後世に残したい事柄が数多く紹介されています。

日本が災害大国であることを改めて思い知らされると同時に、先人達が経験した辛い思いや、何百もの命や家族を失った悲しみなどが、痛いほどに伝わってきます。

 

先人の思いを繋いでいく

f:id:Biz_Toku:20210312070113j:plain
大切なのは、過去を未来に繋いでいくこと。

先人が残した想いの多くは、残念ながらあまり広くは伝わっていません。

歴史は繰り返すと言いますが、先人の想いを無駄にして、悲劇を繰り返すことほど、悲しいことはありあません。

災害大国に生きていることを知り、先人の辛い経験を繰り返さないために、ぜひ防災に繋げてほしいです。

 

ビジネスでもリスクマネジメント

f:id:Biz_Toku:20210312070133j:plain

ビジネスパーソンには、ビジネスの場でも、歴史を活かしてほしいです。

普段はどうしても前ばかりを見てしまい、なかなか過去を振り返る機会がありません。

時代が違うので、過去を学んでも役に立たないというビジネスパーソンもいますが、過去から学べることはたくさんあります。

新しいと思っていることでも、既にチャレンジして失敗しているかもしれません。

そんなときは、先人の知恵や経験が活かせます。

プロジェクトでも、先人がオブザーバーとして入ることで、その経験を活かしてリスクをコントロールできますし、過去の類似のプロジェクトの記録から、失敗を学ぶことも可能です。

成功ばかり注目されがちなビジネスの場だからこそ、失敗も含めて過去を学び、リスクマネジメントすることが必要だとおもいます。

 

最後に

末筆ではありますが、東日本大震災で被害に遭われた全ての方に、お見舞い申し上げます。