TOKU’S BLOG

外資系ビジネスパーソンのよもやま話し

外資系、ゴールデンウィークは休める?

f:id:Biz_Toku:20210428093231j:plain
もうすぐゴールデンウィークですね。緊急事態宣言のため、思うように外出できませんが、どのように過ごされますか?

ゴールデンウィークは、日本独自のものですが、海外との業務が発生する外資系でも、休むことができるのでしょうか?

Point!

外資系でも、ゴールデンウィークはしっかり休めます。

業種や職種にもよりますが、ゴールデンウィークは休めることが多いようです。今回は、私が見聞きした範囲で、外資系でもゴールデンウィークは休める理由をご紹介します。

 

 

 

祝日は休んで当然の文化

f:id:Biz_Toku:20210428093643j:plain

祝日は文字どおりお祝いの日。休むのが当たり前なので、海外からも理解してもらえる。 

国や地域の文化によって異なると思いますが、海外では祝日に働くのはナンセンスなようです。

私の米国人上司によると、祝日は特別な日ですので、「祝日=休日」という文化が根付いているようです。

日本人が知っている米国の祝日を思い浮かべるだけでも、有名なものがいくつかあります。確かに、米国人が祝日に、一生懸命働いているイメージはありません。

  • 独立記念日
  • 感謝祭
  • クリスマス

祝日を大事にする海外文化だからこそ、外資系でも、ゴールデンウィークは、休みやすいのかもしれません。

ちなみに、休みとは関係ありませんが、独立記念日は、Independence Dayという映画にもなっていますね。

 

数少ない祝日を大事にする

外資系は、休日にかける想いが強い。

海外の祝日は日本と比べて少ないと言われています。もちろん、一概には言えませんが、可能な範囲で海外の祝日を調べたところ、確かに少ないようです*1。

きっと、数少ない祝日を大事にしているのではないでしょうか。

  • 日本 17日
  • ブラジル 14日
  • 米国 12日
  • イタリア 12日
  • フランス 11日
  • メキシコ 11日
  • オーストラリア 9日
  • ドイツ 9日

こうして見てみると、祝日に関して、日本は恵まれているようですね。

 

*1 参照元:世界の祝祭日 | 国・地域別に見る - ジェトロ

 

ゴールデンウィークはタイミングがいい

f:id:Biz_Toku:20210428093712j:plain

イベントがない

ゴールデンウィークの時期は、決算などのイベントがないので休みやすいです。

多くの会社で、IFRS(国際会計基準)の決算に当たる12月末から1月初めは大忙しですので、日本人がゆっくり過ごしたいお正月は、海外では普通に仕事をしています。

ところが、ゴールデンウィークは、決算などの重要イベントがないため、休みやすいです。

 

落ち着いている時期

多くの外資系で第一四半期を終えたばかりで、JGAAP(日本会計基準)でも、4月から1ヶ月を終えたばかりですから、まだまだこれからという時期。

落ち着いていると言うと、気が抜けているようですが、実際、年末の追い込み時期程の緊張感はありません。

この時期に長期間休めなければ、いつ休めるんでしょうか…?

 

まとめ

f:id:Biz_Toku:20210428093813j:plain

今回は、外資系でも、ゴールデンウィークは休める理由をご紹介しました。海外の文化からすると、祝日は休みやすいはずです。

と言いつつも、海外の顧客相手のビジネスでは、どうしても休めない職種もあると思います。今回ご紹介したものは、あくまで社内的なものだと思っていただけるとありがたいです。

ゴールデンウィークを休める人は、しっかり休息をとって、英気を養いましょう。

 

あわせて読みたい